意思疎通を大事に|家事は苦行?そんなあなたには家事代行サービスがオススメです!

意思疎通を大事に

ダイニングキッチン

家事代行サービスを利用するにあたり、最も大切なのが「利用者が担当者との間で意思疎通を図る事」です。もし利用者と担当者との間に思い違いが生じると、利用者の満足度低下や思わぬ追加料金の発生など、利用者にとって悪い事が起こってしまいます。
家事代行サービスを利用する際には、以下に注意して担当者との意思疎通を図りましょう。

・どんな人が家事代行に来てくれるのか
家事代行のスタッフのレベルは、業者・店によって様々です。あらゆる家事に詳しいスタッフもいれば、炊事・洗濯・掃除などの各家事専門のプロもいます。どのようなスタッフが家事代行に来てくれるのか、随時担当者に確認しましょう。

・何故その料金価格になるのか
家事代行サービスのサービス・料金プランは非常に多様です。それは利用者の細かなニーズに対応するためですが、利用者にとっては「分かり難い」というデメリットにもなっています。
基本的に料金価格には、「料金が加算される理由」が存在します。不必要な理由で料金が加算されている場合、それを排除しないと利用者は余計な料金を支払う事になります。面倒であっても、担当者にきちんと「料金価格の根拠」を訊きましょう。

・どのサービスを実行してくれるのか

例えば「掃除」と一言で言っても、「台所の掃除」、「風呂の掃除」など「どこを掃除するか」という分類があり、それによりサービス・料金プランも変わります。
さらには「台所のシンクの掃除」、「台所のレンジの中の掃除」など、細かな分類はいくらでも可能です。「今回の依頼でスタッフが何をしてくれるのか」という事を、利用者は担当者に細かく確認しましょう。